【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、就任後初めて1人で記者会見し、政権運営が順調だと主張した。「私は内外の混乱を受け継いでしまった」として、雇用の海外流出や北朝鮮問題などはオバマ前政権に責任があると強調。イスラム圏7カ国からの入国禁止を定め、連邦裁判所が差し止めた大統領令は来週、内容を修正して新たに署名すると表明した。

 トランプ氏は政権が「よく調整された機械みたいに動いている」と強調したが、政権のスキャンダル報道は絶えない。会見では「メディアが偽ニュースを流している」と述べ、政府機関からの情報漏れを調べるよう司法省に指示したと明らかにした。

【共同通信】