【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、新たに開発された高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験が北西部東倉里の「西海衛星発射場」で行われ、「成功した」と報じた。18日早朝に実施されたもようで、金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会った。

 軍事技術の研究を担当する国防科学院が開発したエンジンで、従来のものより大きな推進力があるという。燃焼実験を公表することでミサイル能力の向上を誇示し、米韓合同軍事演習や米政権の圧力強化をけん制する狙いとみられる。

 実験はエンジンの全般的な性能を確認する目的で「全ての系統の技術指標が予想値に正確に達し、安定的に維持された」という。

【共同通信】