[ボン(ドイツ) 16日 ロイター] - 日本、米国、韓国の3カ国の外相は16日、20カ国・地域(G20)外相会合の開催に合わせてドイツ・ボンで会談し、北朝鮮が12日に行った弾道ミサイル発射実験を非難する共同声明を発表した。

この中で、北朝鮮は国連決議違反について国際社会から「一段と強力な」対応を受けるべきとした。

声明は、北朝鮮の12日のミサイル発射実験を「最も強い言葉で非難する」とし、「北朝鮮は弾道ミサイル・核関連プログラムを禁止した国連安全保障理事会(安保理)決議を無視している」と言及した。

声明は、北朝鮮の人権侵害についても非難した。

北朝鮮外務省は15日、12日のミサイル発射実験を非難した安保理の声明を一蹴している。

日米韓3カ国の外相は、国際的な核拡散防止体制を維持し、北朝鮮の違反行為に厳しく対処するため、安全保障協力を推進することで合意した。

ティラーソン米国務長官は、米国があらゆる防衛能力をもって日韓両国の防衛への関与を「断固」継続すると表明した。

3カ国は、北朝鮮の弾道ミサイル・核開発問題について近日中に協議することでも合意した。