[平昌(韓国) 17日 ロイター] - 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は17日、五輪の野球・ソフトボールの一部試合について、東日本大震災の被災地である福島県の県営あづま球場で行うことになったと明らかにした。

森氏は国際オリンピック委員会(IOC)理事会が開かれた韓国の平昌で、野球の開幕戦が福島で開催されるとの見通しを示した。ソフトボールも少なくとも1試合をあづま球場で行うとした。

世界野球ソフトボール連盟のフラッカリ会長は決定を歓迎する声明を発表し、「五輪の野球とソフトボールが希望を与え、福島の再生に光を当てる手段になる」と述べた。