[キエフ 13日 ロイター] - 今年の欧州国別対抗歌謡際「ユーロビジョン」はウクライナの首都キエフで5月に開催されるが、ロシア代表の歌手が入国を禁止される可能性が高まっている。2014年のロシアによる併合後にクリミアを訪問したと報じられているのが理由だ。

ロシアは12日、今年の代表歌手はユリア・サモイロワさん(27)と発表した。ロシア大統領府報道官は「ユーロビジョンに政治を持ち込むのは望ましくないし、絶対に容認できない」と述べた。

ウクライナ入国が禁止された場合、サモイロワさんのコンテスト参加が不可能になるのか、あるいは離れた場所から参加可能なのか今のところ分かっていない。

ウクライナは、5月の同歌謡祭には約1万2000─1万4000人の観客が訪れ、数百万人がテレビを通じて視聴すると見込んでいる。