[クアラルンプール 16日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニーは16日、実写版「美女と野獣」(日本公開4月21日)から同性愛シーンを削除することを拒否し、マレーシアの映画館での公開を取り止めた。

英女優のエマ・ワトソンが主人公ベルを演じる同作品には、ディズニー映画で初めて同性愛者のキャラクターが登場する。同性愛を禁じるイスラム教徒が多いマレーシアでは当初、「同性愛的なシーン」を削除した上での上映が認められたが、その後、上映予定が延期されていた。

ディズニーは声明で、「マレーシアのために、作品がカットされることはなかったし、これからもカットされることはない」と述べた。

マレーシアがカットに関する態度を変える可能性があるのかとの質問に対し、検閲委員会のアブドゥルハリム委員長は、「今のところない」と答えたが、国内の配給会社は決定の見直しを求めているという。検閲委員会は21日に開かれる予定。

同作は、隣国シンガポールや世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアでは、子供には保護者の同伴を推奨する指定をした上で、ノーカットで公開される。