[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米政権は13日に辞任したフリン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)の後任として、中央軍副司令官を務めたロバート・ハワード氏に就任を打診した。複数の関係筋が15日、明らかにした。

関係筋は、ハワード氏が受諾したかは現時点では明らかになっていないとしている。

ホワイトハウス報道官からこの件に関してコメントは得られていない。

ハワード氏は現在、防衛大手ロッキード・マーチン(LMT.N)に勤務。アラブ首長国事業を担当している。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。