[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日の閣議後会見で、稲田朋美防衛相が大阪市の学校法人「森友学園」が起こした訴訟に出廷した記録があるという報道に関して、稲田防衛相から現在事実関係を調査中だと報告があったとしたうえで、「稲田大臣が適切に説明されるだろう」と述べた。

稲田防衛相は13日の参議院予算委員会で、森友学園の訴訟に弁護士として出廷していたのでは、との野党側の指摘に対し、「事件を受任したことはない。裁判を行ったこともない」と答弁していた。

菅官房長官によると、けさ稲田防衛相から安倍晋三首相と官房長官に対し、13日の答弁に関する報道について説明があった。菅官房長官は「稲田大臣の個人的な活動に関するものであり、政府としてコメントは差し控えたい」としたうえで、現状の説明で職務は続けられるかとの質問に「全く問題ない」と答えた。

共同通信によると、稲田氏が出廷したとされるのは2004年12月、森友学園が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論。原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成の記録があることがわかったという。

*内容を追加しました。

(石田仁志)