[フランクフルト 16日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は16日、保護主義を掲げる新しい政府指導者は国際組織がどのように機能するかを学ぶ時間を必要としていると述べた。トランプ米大統領に対する明らかな言及とみられている。

同専務理事は、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席を前に、当地で行われたイベントで「経験があまり豊富でないか、もしくは時代遅れのわずかな経験しか持たない新指導者には、適応の時間を与えなければならない。彼らは明らかに、国内の課題から着手するわけで、それぞれにとって集団的な課題が何かを特定することがわれわれ全体の任務だと思う」と語った。