[13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、公式訪問中のフランスで、マクロン大統領の夫人ブリジットさんを「スタイルがいい」と賞賛した。この場面がフランス政府のフェイスブックに公開され、ソーシャルメディアで批判が続出している。

トランプ大統領は、メラニア夫人とともにマクロン夫妻と、ナポレオンの墓などがあるアンヴァリッドを訪れた。見学を終えた際にブリジットさんに「あなたはとてもスタイルがいい」(You're in such good shape)と話しかけた。さらに、同じ発言を大統領に繰り返してからブリジットさんに再び向き直り「お美しい」(Beautiful)と述べた。ブリジットさんの反応は不明。

トランプ大統領は、女性の外見に関する発言でこれまでも反発を招いている。

今回の発言に対し、ソーシャルメディアでは「性差別的」との反論が続出。女性およびジェンダー問題を手掛けるビデオプロデューサーはツイッターで「賞賛とセクハラの一線を超える男の典型」とツイートした。

ドキュメンタリー製作者兼女優は「女性は自分の身体への勝手な感想など聞きたくない。むかつくし、非常に不適切」とツイートした。

トランプ大統領は、選挙戦で戦ったヒラリー・クリントン候補など女性の外見をけなしたほか、最近ではMSNBCの司会者ミカ・ブレジンスキーさんが「美容整形の痕から出血していた」と発言するなどしている。