[ロンドン 12日 ロイター] - 陸上の世界選手権は12日、男子400メートルリレーを行い、多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司の日本は38秒04のタイムで銅メダルを獲得した。日本勢はこれが今大会初メダル。

ジャマイカは今大会を最後に引退する第4走者のウサイン・ボルトがレース中に左太もも裏を痛めて棄権。同種目5連覇はならなかった。

英国が37秒47で初優勝。米国が37秒52で2位だった。