[ソウル 4日 ロイター] - 韓国の韓進グループの趙亮鎬会長は4日の議会公聴会で、傘下の韓進海運117930.KSの経営破綻について、政府の支援を受けている海外の競合海運会社に太刀打ちできなかったと述べた。

会長は「韓進海運は大手海運会社の繰り広げるチキンレースで敗北した」と証言。「民間企業である韓進海運は値下げ競争への参加には限度があると感じていた。支援を求めたが、かなわなかった」とした。

また「外国の海運会社は数兆ウォン、数十兆ウォンの規模で政府の支援を受けて業界では値下げが蔓延しており、自分たちの限界を味わっていた」とした。競合会社の具体的な社名は挙げなかった。