[ソウル 3日 ロイター] - 韓国の尹炳世外相は3日、在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備を巡って報じられている中国の措置について、国際規範に反していないかどうか調査すると述べた。聯合ニュースが伝えた。

韓国国内では、北京の旅行業者が韓国ツアーの販売停止を命じられていると報道されたことを受け、THAAD配備に対する中国側の報復との懸念が広がっている。

この問題を巡る両国の緊張が高まる中、在中国の韓国大使館も、中国に滞在している韓国人に安全に関する注意を喚起した。