[東京 20日 ロイター] - 岩田規久男日銀副総裁は20日、月例経済報告関係閣僚会議で、国際金融市場の強気相場に一服感が見られるとの認識を示した。内閣府幹部が会議後、明らかにした。

岩田日銀副総裁は、また「前回会議以降、地政学的リスク回避の動きが見られる」と指摘。日本の長期金利の動向については「横ばい圏内で推移している」と語った。