[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米ニューヨークの食肉処理場から21日、牛が逃げ出し、警察による2時間を超える大捕り物の末、民家の裏庭に追い込まれて死ぬ騒ぎがあった。

テレビニュースの空撮映像には、クイーンズ地区で何度か捕獲に失敗する様子が映っている。警官がパトカーで追い詰めようとして失敗する一方、牛は見物の人垣から人垣へと駆け回った。けが人はいなかったという。

この映像は一時ツイッターのトップトレンドとなり、テレビのリポーターが「NY市警対牛、牛が優勢を維持」などと投稿した。

警察の広報担当者によると、牛は食肉処理場から約2.4キロの地点で民家の裏庭に追い込まれ、警察が落ち着かせてから捕獲したが、その後で牛は死んだと報告された。死因は特定されなかったが、ストレスが一因となった可能性があるという。牛はロングアイランドの火葬場に搬送された。

ニューヨーク・ポスト紙は、警察は少なくとも5発の鎮静剤の矢を撃ったと伝えた。

*写真を付けて再送しました