[北京 18日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)のクック最高経営責任者(CEO)は18日、北京で開催された中国開発フォーラムで講演し、グローバリザーションへの支持を示すとともに、中国は引き続き外国企業に経済を開放すべきと述べた。

トランプ米大統領が保護主義的発言を繰り広げ、米中摩擦が深刻化することが懸念されている。

クックCEOは「中国が門戸を広げ続けることが重要だと思う」と述べ、国として閉鎖的になることは人々のためにならない、と指摘した。