[サンティアゴ 20日 ロイター] - チリのバチェレ大統領は20日、トランプ米大統領と19日に電話会談を行ったと記者団に明らかにした。トランプ氏は、ベネズエラの政治的、人道的状況について懸念を示したという。

バチェレ氏によると、経済危機に見舞われているベネズエラに対して地域のリーダーが取るべき行動をトランプ氏と協議。「チリの外務省が、他国の外務省と行動を共にしていることを(トランプ氏に)説明」し、「ベネズエラの支援に向けて連絡を取り合う」ことで一致したという。

ベネズエラは食料品を含め、深刻な生活必需品不足に陥っている。