メニュー
Search
|

メニュー

Close
X

特集 原発・エネルギー政策

米アルファベット、プエルトリコ被災地で気球使い臨時通信サービス

[20日 ロイター] - グーグルの親会社米アルファベットは米通信大手AT&Tと共同で、大型ハリケーン「マリア」により通信インフラが甚大な被害を受けた米自治領プエルトリコで通信用気球を飛ばし、限定的なテキスト送信やインターネット接続を可能にする実験的なプロジェクトに乗り出した。

ADVERTISEMENT

国内ニュース

カタール危機が与えるLNG市場への影響
グラフィックス
日本の原発再稼働
グラフィックス
福島県「ホットゾーン」への帰還
グラフィックス
日本の電力会社
グラフィックス
中間貯蔵施設の建設計画
中間貯蔵施設の建設計画
欧州各国の原子力政策
グラフィックス
1956年以降に発生した世界の原発事故
グラフィックス
ADVERTISEMENT

環境関連ビデオ

原発・エネルギー政策 ニュース一覧