メニュー
Search
|

メニュー

Close
X

岐路に立つ電器産業

環境変化に応じて手段を考える必要=メモリー事業売却で東芝社長

[千葉市 24日 ロイター] - 東芝の綱川智社長は24日開催の臨時株主総会で、来年3月末までに半導体子会社「東芝メモリ」を売却できない場合の代替案について「環境変化に応じていろいろな手段を考えなければならない。その辺を考えて進めているのは事実だ」と述べた。ただ、具体案については言及しなかった。

ADVERTISEMENT

モバイル機器関連

ADVERTISEMENT

テクノロジービデオ

岐路に立つ電器産業 ニュース一覧