メニュー
Search
|

メニュー

Close
X

岐路に立つ電器産業

トヨタとパナソニック開発の電池、使う可能性十分ある=スズキ社長

[東京 14日 ロイター] - スズキの鈴木俊宏社長は14日、トヨタ自動車とパナソニックが協業の検討を表明した車載用電池について、開発分野では「スズキが入り込む余地はない」とする一方、供給を受けることは「十分、可能性としてある」と述べた。軽自動車「スペーシア」の発表会後、記者団の質問に答えた。

ADVERTISEMENT

モバイル機器関連

ADVERTISEMENT

テクノロジービデオ

岐路に立つ電器産業 ニュース一覧