[ヘルシンキ 10日 ロイター] - 北欧フィンランドの新首相に、サンナ・マリーン社会民主党党首(34)が10日就任した。現職で世界最年少の首相。他の4党と連立政権を組んでおり5党の党首は全員女性。うち4人が35歳以下だ。

議会は賛成99、反対70でマリーン氏を首相に選出した。

前任のアンティ・リンネ首相は、郵便職員のストライキに対する対応を巡り連立を組む中道左派の中央党から不信任案が提出され、辞任に追い込まれた。

ADVERTISEMENT

マリーン首相はツイッターで「全ての子どもが何にでもなれ、全ての人間が威厳をもって生きていける社会を作りたい」とした。

新政権は、一連のストライキが収まらない中で発足する。ストによって一部の国内の大手企業では3日間生産が止まっている。

北欧フィンランドの新首相にサンナ・マリーン社会民主党党首が10日就任した。現職で世界最年少の首相。写真はマリーン新首相(右から2人目)と他の女性閣僚(2019年 ロイター/LEHTIKUVA)

内閣の構成は、12人の大臣が女性。男性は7人にとどまる。中央党のカトリ・クルムニ党首(32)は財務相に就任し、緑の党のマリア・オヒサロ党首(34)は引き続き内務相を務める。左派連合のリー・アンデション党首(32)は教育相に、スウェーデン人民党アンナ・マジャ・ヘンリクソン党首(55)は法相にそれぞれ留任する。

表向きは協調しているようだが、内部では依然として社会民主党と中央党の間に亀裂が残る。左派のマリーン氏は中央党への対応で苦労するとみられる。中央党は膨大な福祉費用を賄うために雇用を押し上げる対策を追求している。

マリーン氏は、連立相手と信頼関係を再構築することが最初の任務だと述べ、「協議が必要だ。直接協議だ」と語った。