[ワシントン 15日 ロイター] - 米財務省は15日、カンボジアの開発プロジェクト向けに関係する中国の国有企業に制裁を科した。報道によると、事業用地は軍事転用される可能性があるという。

制裁対象としたのは、リゾート地ダラサコルの建設に関与する中国企業ユニオン・デベロップメント・グループ。同事業には大型機が発着できる滑走路の建設も含まれる。

同省は、中国政府がカンボジアの事業を利用して「世界に力を誇示する野心を推進している」と主張した。

ADVERTISEMENT

この事業については、カンボジア政府のスポークスマンも軍事転用される恐れがあると懸念を示していると同省は指摘した。