[香港 27日 ロイター] - スキンケアブランド、ファンケルの日本を除くアジアの独占代理店であるCMCホールディングスの買収について、投資会社など10以上の企業が関心を示している。関係筋が明らかにした。評価額は10億ドル近くになるとしている。

CMCを保有するクリス・チャン氏は8月に事業売却に向けてモルガン・スタンレーと契約した。

関係筋によると、投資会社ブラックストーン、カーライル、べイン・キャピタル、MBKパートナーズ、セコイア・キャピタル、シティック・キャピタル(中信資本)のほか中国の電子商取引(EC)大手、京東商城(JDドットコム)などが入札に参加した。

ADVERTISEMENT

関係者らは、一部の投資会社は戦略的パートナーとの提携を検討していると述べた。中国の電子商取引大手アリババ・グループとネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)も関心を示しており、後の段階で入札グループの参加する可能性があるという。

関係筋によると、CMCは来週末までに入札の第2段階に進む候補を絞り込む見込みで、1月末までに拘束力のある条件提示が行われる。