[10日 ロイター] - 米ツイッターのシーガル最高財務責任者(CFO)は10日、同社がバランスシート上に暗号資産(仮想通貨)のビットコインを保有することを検討したが、まだ実行には移していないと述べた。

シーガルCFOはCNBCのインタビューに対し、要請があった場合、取引相手のほか従業委員にビットコインで支払いをすることの是非を検討したと述べた。

ドーシー最高経営責任者(CEO)はビットコイン支持者。ドーシー氏がCEOを務めるスクエアは昨年10月、約5000万ドルを投じて約4709ビットコインを購入したと明らかにしている。

ADVERTISEMENT

ビットコインを巡っては、米電気自動車(EV)メーカー大手テスラが8日、約15億ドル投資したと表明。テスラ車両や製品の購入でビットコインを受け付ける見通しとした。

これを受け米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のバーラCEOはこの日の決算発表の記者会見で、ビットコインを支払い手段として受け付けるかとの質問に対し、「将来的に顧客の強い要望があれば排除しない」としながらも、「現時点でGMがビットコインに投資する計画はない」と述べた。