[16日 ロイター] - 著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

2020年12月末時点の株式保有状況を報告する規制当局への提出文書で公表した。

プロフェッショナルサービスを手掛けるマーシュ・アンド・マクレナンの株式4億9900万ドル相当も新たに取得した。

ADVERTISEMENT

一方、米アップル株の保有は減らした。ただ、バークシャーが保有するアップル株の価値は約1210億ドルで、同社は引き続きバークシャーの最大の保有銘柄となっている。

シーブリーズ・キャピタル・インベストメントのマネージングパートナー、ダグ・カシュ氏は、配当率とワイヤレス事業の増益見通しを踏まえるとベライゾンへの投資は理にかなっていると指摘した。

バークシャーはここ5年ほど大型の企業買収を行っておらず、キャッシュポジションは昨年9月末時点で1457億ドルに上っていた。

ベライゾン、シェブロン、マーシュへの投資は昨年第3・四半期までに開始していたが、公表を遅らせることを米証券取引委員会(SEC)が許可していた。

SECは過去にも、バークシャーが株式取得を終えるまでに他の投資家が便乗して株価が上昇するのを防ぐため、バークシャーに保有株の公表先送りを何度か認めている。

銀行株では、バンク・オブ・アメリカの保有を続ける一方、ウェルズ・ファーゴ株の保有を減らし、JPモルガン・チェース、M&Tバンク、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループなども手放した。

ADVERTISEMENT

製薬会社アッヴィ、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、メルクの株を買い増した一方、ファイザー株を一部売却。バリック・ゴールドの株も売却した。

*内容を追加しました。