[チューリヒ 7日 ロイター] - スイスで7日に実施された国民投票で、イスラム教徒の女性が着用する顔を覆う衣装「ブルカ」を実質的に禁止する法案が僅差で可決された。公式な暫定開票結果によると、賛成が51.2%、反対は48.8%。

この法案は右派の国民党が提案。直接イスラムに言及しておらず、マスクを着用した暴力的な抗議活動を阻止することも目的の1つに挙げているものの、地元政治家やメディア、推進派の人々は、実態としてブルカを禁じることを目指すものだと指摘している。

国民党議員で国民投票委員会の委員長を務めるワルター・ウォブマン氏は投票前、「スイスでは顔を隠さないことが伝統だ。これはわれわれの基本的な自由を表す要素の1つでもある」と語り、顔を覆うのは過激で政治的なイスラムの象徴で、これが欧州で存在感を強めているが、スイスに居場所はないと強調した。

ADVERTISEMENT

スイス国内のイスラム教団体は今回の投票結果を非難し、法執行の差し止めに向けたさまざまな司法手段を行使する考えを表明した。

欧州ではフランスが2011年、公共の場で顔を完全に覆う衣装を着用することを禁止。デンマーク、オーストリア、オランダ、ブルガリアも公共の場で顔を覆うことを完全に禁止するか、制限を設ける法律を導入している。