[シドニー/メルボルン 2日 ロイター] - 2日のオーストラリアの総選挙は、恒例のソーセージの香りとともに投票が行われた。オーストラリアでは投票が義務付けられていることから、投票所でソーセージサンドイッチが提供され、有権者にとって大きな楽しみとなっている。

提供は、学校や慈善団体などが手掛ける。「スナグ」と呼ばれるソーセージの焼ける香りただよう投票所の場所を表示する、専用ウェブサイトが立ち上がるほどの人気ぶり。

ターンブル首相も「オーストラリアの民主主義はソーセージのジュージュー焼けるにおいがなければ成り立たない」と投票の際にコメントした。

ADVERTISEMENT

今回の選挙では、オランダ、インド、シンガポールの在外公館なども含め、過去最多のスナグ屋台が設置された。