[東京 25日 ロイター] - 2017年末の対外資産・負債残高は、日本の政府や企業、個人が海外に保有する資産(対外資産)から、海外勢が日本で保有する資産(対外負債)を差し引いた対外純資産が、前年末比2.3%減の328兆4470億円と、3年連続で減少した。純資産額は27年連続で世界最大。麻生太郎財務相が25日の閣議に報告した。

対外資産残高は前年末比2.7%増の1012兆4310億円と、9年連続で増えた。対外負債残高も683兆9840億円と、同5.2%増加した。

国際通貨基金(IMF)などの集計によると、日本に次いで純資産額が多かったのは、2位がドイツの261兆1848億円、3位が中国の204兆8135億円だった。

ADVERTISEMENT

ドイツと中国の順位が入れ替わったのは12年ぶり。中国当局による資本流出規制が背景にあるとみられる。

米国は純債務が886兆円と引き続き世界最大の純債務国だった。

(梅川崇)