[ローマ 21日 ロイター] - イタリア連立政権の一角をなす「五つ星運動」は21日、非上場の銀行や保険会社がバランスシート上に保有するイタリア国債について、価格変動の影響を受けないようにするための措置を提案したと明らかにした。

具体的には、非上場の銀行や保険会社が保有国債を時価で会計処理しないことを容認するという内容で、現在議会で審議されている予算案の改正案として提示した。五つ星の下院財政委員会メンバーが声明で明らかにした。

声明は、提案されたルールによって予算案を巡るイタリア政府と欧州連合(EU)との協議は、「取引所の指数ではなく市民の利益に焦点を当てて、落ち着いて進めることが可能になる」とした。

ADVERTISEMENT