メニュー
Search
|

メニュー

Close
X

金融・M&A

コラム:ドル高予想変更は無用、トルコ危機もガス抜きに=植野大作氏

[東京 14日] - 真夏の外為市場でドル円は上値を削る展開になっている。7月19日に一時113.17円と約6カ月ぶりの高値圏へ上昇したが、トランプ米大統領が米連邦準備理事会(FRB)の利上げを批判しながらドル高けん制発言をぶつけてくると急落。「日銀が金融緩和の副作用軽減策を模索している」との観測報道が相次いだことも重しとなり、7月下旬には一時110円台半ばまで売り込まれた。

ADVERTISEMENT

M&A・ディール情報

ADVERTISEMENT

ビジネスビデオ