for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

最新のビデオ

北極圏で増え続ける「ゾンビ火災」、消したはずの火が春に復活 そのメカニズムとは(字幕・21日)

米アラスカ州などの北極圏で近年、「ゾンビ火災」が頻発している。消したはずの火災が冬を越え、春になると突如息を吹き返すという。専門家によると、大規模火災の火が、この地域特有の泥炭の奥深くへ燃え広がり、冬の間も地中でくすぶり続ける。本来なら土壌に含まれるはずの水分が、気温上昇によって失われているため、春になって気温が上がると再び燃え出すのだ。(ナレーションなし)

エンタテインメント
世界のこぼれ話
スポーツ
テクノロジー

最新のビデオ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up